トップページ > なぜイーツなのか > イーツサービスの3つの基盤

なぜイーツなのか
イーツサービスの3つの基盤

イーツのサービスは3つのファクターで構成されます。
3つのサービスをバランスよく、お客様にご提供することでイーツのビジネスは成立しています。

マネージドサービス

イーツのハウジングサービス、又はホスティングサービスをご利用になられているお客様に提供する、運用、監視、作業を総称したサービスが、マネージドサービスです。

ハウジングサービス

ハウジングサービスは、通信環境、電源、ラックをイーツがお客様に提供するサービスです。
ハウジングサービスを利用することで、お客様のシステムを最高水準のファシリティ環境で運用することが出来ます。更に回線コストの削減や外的リスクを受けない等のメリットがあります。

ホスティングサービス

ホスティングサービスとは、サーバ、ソフトウエア(OS、WEBアプリケーション)、通信環境、電源、ラックをイーツがお客様に提供するサービスです。ホスティングサービスを利用することで、一部の情報資産を共有し低コストでサービスを行えるというメリットがあります。

3つの基盤は、静的なサービスではありません。日々変化するお客様のニーズに併せて、動的に変化することで最高クオリティのサービスを提供出来るのです。イーツはお客様に最適なサービスを日々提案し続けてまいります。

サービス遷移イメージ 1

サービス遷移イメージ1

最終的に・・・
ハウジング契約ながら、サービスはイーツのレンタルサーバにて運営。ホスティング契約よりもコストを抑えることが出来る他、専用のIPアドレス空間を持つことにより、フレキシブルにサービス対応が可能となった。

サービス遷移イメージ 2

サービス遷移イメージ2

最終的に・・・
ハウジング契約ながら、サービスの拡大によって不足したサーバをイーツのレンタルサーバを使用することで、低コストでカバー出来た。ネットワークの構成変更も、イーツの共有型ロードバランサーを使用することで、柔軟に対応することが出来た。

イーツサービスの3つの基盤

新データセンター「ComSpace Ⅲ」のご紹介