トップページ > ニュース >トピックス

ニュース
トピックス

ニュースリリース

2010年7月14日
株式会社イーツ

イーツ、新データセンター「ComSpace Ⅲ」を2010年11月開設予定
~クラウド環境とイーツマネージドサービスを融合したITインフラ管理・運用をサポート~

 

 株式会社イーツ(所在地:東京都港区 代表取締役社長:田中辰夫 資本金:443百万円)は、新データセンターとして「ComSpace Ⅲ」を2010年11月より開設する予定です。クラウド環境とイーツマネージドサービスを融合させたデータセンターサービスをご提供いたします。

 ComSpace Ⅲは、「信頼性と堅牢性」・「高いセキュリティレベル」・「イーツマネージドサービス」および「グリーンエコロジー」などを満たすデータセンターとなります。運用開始後は24時間365日、豊富な運用サービスメニューと、お客様毎の運用設計に基づくカスタマイズサービスを展開します。また、お客様のITインフラ管理者の負担を軽減し、安定性と運用コスト削減をご提供いたします。

ComSpace Ⅲ開設の背景・目的

 イーツは、1999年より携帯電話向け情報配信システムの設計開発やその運用保守管理を主要事業として設立しました。2000年に現在の「新宿iDC」を開設してからは、ハウジングサービス、ホスティングサービス、マネージドサービスを中心としたデータセンター事業を主要事業として現在に至っております。その後も「江東iDC」の開設等、スペース拡張と電源・空調設備増強を行っておりますが、この度順調に顧客獲得が進んだことで増床の運びとなりました。

 また、今後もクラウドソリューションに於ける運用サービスの展開が期待されていることやお客様のITインフラ管理・運用をサポートするイーツマネージドサービス需要拡大が見込まれることから、新データセンターの開設を決定いたしました。

サービスの特長

信頼性と堅牢性

ComSpace Ⅲは、都心部から約30分のアクセス圏内(公共交通機関利用の場合)の活断層より離れ、地震による影響や液状化の被害が少ない安定した地盤に立地されています。東京都発表の「地域危険度調査」では、建物倒壊危険度:ランク1、火災危険度:ランク1、総合危険度:ランク1と最も安全性が高い地域です。

高いセキュリティレベル

24時間365日の有人監視体制のもと、最新の生体認証システムをはじめ、金属探知機、X線検査器など、厳重なセキュリティ対策が施されているデータセンターです。また地震等の災害対策に有効なインフラを提供し、緊急時のBCPオフィスとしてのご利用も可能です。

イーツマネージドサービス

経験豊富なスタッフが迅速な対応と豊富なサービスメニューで、お客様のシステム運用を24時間365日運用いたします。イーツのマネージドサービスは、システムご担当者様の負荷を軽減し、サービスの高い安定性と運営コストの削減をフルサポートします。

・監視サービス :イーツネットワークオペレーションセンター(以下、NOC)が24時間365日監視(システム監視、ネットワーク監視など)
・運用サービス :NOCがお客様の運用をサポート(オペレーション・保守代行、セキュリティ運用代行、インシデント対応)
・ISO20000、ISO27001、ISO9001認証を取得した運用体制により、お客様毎の運用設計・運用手順書を基に、SLA目標を達成するサービス運用の実施

エコロジー

高効率空調や最適床設計はもちろんのこと、地中の冷気を利用して冷却するクールピットや、雨水を利用した空調室外機冷却、LED照明など、徹底した省エネ対策によりお客様と共にエコロジーを実現します。

サービスご提供価格

詳細につきましては、別途お問い合わせ下さい。
本サービスの詳細は、下記URLよりご確認ください。
http://www.i2ts.com/concept/comspace3.html

サービスに関するお問い合わせ

株式会社イーツ 営業部
TEL :03-5575-7451
FAX :03-5575-7430
E-mail :info@i2ts.com